メニュー

気管支喘息

喘息(ぜんそく)は、息をするときの空気の通り道である気管支がせまくなり、空気が通りにくくなる状態(ぜんそく発作)をくりかえす病気です。

典型的な喘息発作の症状は、喘鳴(ゼーゼー息が吐きづらくなってしまったり症状があります。しかし、小さいお子さんでは、風邪を引いたときに咳き込んだりする症状が喘息の症状なのかわかりづらい場合も多いです。一度ゼーゼーしただけでは、喘息と診断しません。かぜをひている、ひいていないに関わらずゼーゼーを繰り返したり、気管支をひろげる薬の吸入や内服治療などで改善する、ご本人やご家族でアレルギー疾患があったり、喘息の方がいる、運動やはしゃいだあとに咳き込む、アレルゲンに接触すると症状がでる、などから最終的に診断します。小さいときには、気管支そのものがまだ狭いなどで、かぜをひいたときなどに、余計にゼーゼーしやすくなります。また、他にもゼーゼーする病気はあるので、他の病気でないか確認する必要がある場合もあります。

*喘息発作の強さについて

そのときの症状である喘息の発作の程度は、「発作の強度」といいます。咳だけで、日常生活は普通にできても、聴診器でヒューヒュー聞こえたりする場合は小発作、夜間咳で起きてしまったり、食欲はおちてしまったり、しっかりお話できなくなる、などまでの症状があれば中発作、など、体の酸素飽和度などの数値とあわせて判断します。小さいお子さんでは、「咳き込んで吐いてしまう」「抱っこしているといいけど、ぐずって横になれない」「落ち着かない」などだけの症状もあります。

*喘息の発作

発作の時には、気管支を取り巻いている薄い筋肉が縮んだり、気管支がむくんでしまったり、分泌物(痰)が増える、ということが同時に起こって、空気の通り道が狭くなり、ゼーゼー、ヒューヒューと音がします。お薬などで気管支がひろがると、もとのように楽になります。

昔は、喘息は発作が出たときだけ気管支を広げると考えられていました。ところが、最近には、空気の通り道に起こっているアレルギーなどの炎症で、それがくりかえす発作によって持続すると、気道が敏感になってしまい、気管支が狭いままで、もとのように戻らなくなってくるということがわかってきました。

今の喘息の治療方針は、起きてしまった発作をおさめるのではなく、「発作を起こらないようにする」という治療に変わってきました。いかに、発作のない期間をながくするか、ということが将来的な肺の機能にもつながってきます。

*喘息の重症度

「喘息発作の強さ」と違い、「喘息の重症度」は、ある期間にどのくらいの喘息症状が、どのくらいの頻度で起こったか、ということや行っている治療をもとに判断します。治療前の重症度と、治療を行っている状態での治療ステップ(どの程度の治療を行っているか)によって、それぞれの重症度は、間欠型、軽症持続型、中等症持続型、重症持続型と分類します。

*喘息悪化の原因

お子さんの喘息の90%はアレルギー体質があり、ダニアレルギーがあるといわれています。ホコリっぽいところに行くと咳が止まらなかったり、ゼーゼーいい始めるのはダニやホコリのアレルギーのある場合に起こることが多いです。しかし、喘息を起こす悪化要因はたくさんあり、その患者さんによっても違います。

1)アレルゲン・・・アレルギー反応を起こす物質

血液検査や皮膚検査で簡単にわかります。ハウスダスト、ダニ、カビ、ペットの毛やフケなど、環境アレルゲンとよばれるものは、吸い込まれると、気道にアレルギー炎症をおこして発作をおこします。こういう場合はまず、掃除が大切になってきます。ダニ、ホコリ、ペットの毛は掃除機かけでずいぶん減らすことができます。

2)感染症

ぜはほとんどがウイルス感染ですが、ウイルスによっては気道に炎症をおこし、喘息発作をおこすことがあります。かぜの予防や、かぜをひいたら早めに治療、ということも発作の予防につながります。

3)運動

運動することによって、乾燥した冷気が気道にはいってきておこすのが「運動誘発喘息」です。喘息が重いと、ちょっとした運動でも発作が起きますし、喘息の軽い人でも、マラソンのような強い運動をすれば発作が起きます。特に、空気が乾燥して気温が低いと運動誘発喘息は起きやすくなります(温水プールなどでの水泳では起きにくいです)。学童以上のお子さんの場合は、体育の時間などに発作がでても、しばらくするとおさまってしまうことが多いので、運動誘発喘息がおきているかどうか、よくお話を伺って確認する必要があります。

運動誘発喘息があるからといって運動をしていけないわけではありませんが、学校の体育やクラブ活動発作が出ては困るので、きちんと発作予防の治療を続けていれば、ふつうに運動ができる場合が多いですし、たくさん運動ができるようになります。

4)気象条件(温度、湿度、気圧の変化)

季節の変わりめで、朝夕の気温差が大きい、毎日の気温や湿度の変化が激しい、台風(低気圧)がやってくる、などで発作をおこりやすくなることがあります。

5)大気汚染

大気汚染物質で、敏感になった気管支がよけいに刺激されてしまいます。喘息の患者さんのいるご家庭では、タバコの煙は厳禁です。ご家族にはぜひ禁煙していただき、どうしても無理なら、外で吸ってください。しかし、吸った後しばらくは肺に煙が残りますので、外で吸ったからといって絶対に大丈夫というわけではありません。そのほか、線香や花火の煙も直接吸い込むと発作を起こしやすくなります。

6)心因、ストレス、疲労、睡眠不足

疲れがたまったり、寝不足になると発作が起きやすくなります。また、女性の場合は、月経のときにでやくなる方もあります。

*気管支喘息の薬物療法

気管支喘息の治療には、大きく分けて「発作を予防する薬」と「発作が起きたときにおさめる薬」のふたつあります。

1)「発作を予防する薬」は、コントローラーといいます。発作をおこさないようにコントロールする薬です。発作を繰り返していると、気管支の炎症がおさまらず、気管支がよけいに敏感になってしまいますので、それをおさえる必要があります。

  1. ロイコトリエン拮抗薬(オノン、シングレア、キプレス):
    抗アレルギー薬で、このお薬が効果のある方には有効な飲み薬です。インタールという、吸入のお薬もあります。小さいお子さんでは、ご自宅での吸入器が必要になります。
  2. ステロイド吸入薬:
    アレルギーの炎症を直接抑える薬です。炎症をおさえるためには、このお薬が一番です。フルタイド、キュバール、パルミコートなどいろいろ種類があり、その方の年齢などによってお薬の種類を決めていきます。「ステロイド」とはいっても、吸入のお薬ですので、飲み薬や点滴で使用するものとは副作用は全く違い、しっかり決められた量を行っていれば、ほとんど問題ありません。発作がなかなかおさまらず、なかなか夜も眠れない、食事もとれない、普通に学校生活ができない、などの状態が続く方が問題は大きくなるので、しっかりとその方にあった治療を選択して様子をみることが大切です。

2)「発作が起きたときにおさめる薬」です。レリーバーといいます。起こってしまった発作は、気管支を広げないと苦しい状態が続いてしまいます。気管支拡張剤には、吸入も飲み薬、吸入の薬、貼り薬があります。発作になった場合使用しますが、これだけで喘息は治りません。なるべく、気管支拡張剤を使わなくてよいように、コントローラーをうまく使うのが喘息の治療です。特に、学童以上の患者さんの場合、レリーバーで「なおった」という自覚症状を強く感じるのですが、気管支で起きている炎症をしっかりおさえなければ「喘息をなおす」ことにはつながらないため、注意が必要です。

*気管支喘息のガイドラインについて

子どもの喘息の治療には、専門の学会が作ったガイドラインというものがあります。専門医でない、一般の小児科医、臨床医にも正しい治療をしてもらおうというのがガイドラインです。(小児気管支喘息治療・管理ガイドライン2012)もちろん、大人の喘息に関してもあります。

ガイドラインでは、子どもの喘息の重症度と年齢によって治療薬の選択が変わってきます。初めて喘息と診断される年齢や発作が多いのは2歳から5歳なのですが、そのなかでも、年に1~2回風邪をひくとゼーゼーいうけれども、あとは元気、という場合は、間欠型で、その時だけの発作を抑える治療を短期間行うだけで構いません。しかし、風邪をひくたびにゼーゼーいうとか、そういうエピソードが年に3~4回以上あるとか、風邪もひいていないのに日頃からゼーゼーいう場合には、軽症持続型といって、抗炎症作用のある「予防する薬」を続けて、発作がおこらないようにしなければいけません。まずは飲みやすく副作用もほとんどないロイコトリエン拮抗剤を飲んで、それが効かなければ、次に吸入療法に入ります。

「次の発作を起こさない」ようにすることが大切です。

糖尿病や高血圧の方が、何も症状がなくても薬を続けていくのと同じです。

*喘息の治療の経過について

喘息の治療は、元気そうにみえる患者さんに毎日薬を内服したり吸入したりしなければいけないので、根気がいります。3~6ヶ月続けて発作をゼロにすれば、薬を減らすことを検討できます。しかし、いつまでどれだけ続けるか、というのはその患者さんの年齢や重症度によってきます。

お困りのことがあれば、何でもご相談ください。

*喘息の管理と日記、ピークフローモニタリング

喘息はきちんと決められた薬を使うこと、日常生活を規則正しくおこなうことが大切な病気です。生活や服薬の状況、症状を記録しておく日記は、発作のコントロールに重要な役目をします。

細かな数値のわかる肺機能の検査は、病院でしかできませんが、ピークフローメーターという簡単な器具をつかって、思いきり吹いたときの吐く息のスピードを測定すると、喘息の状態が家庭でもわかります。学童以上で、喘息の状態を細かくしる必要がある場合には、おすすめさせていただきます。発作が出始めると、自覚する前にこの数値が下がってくるので、日頃からこれを測定して記録しておくとよくわかります。ピークフローが下がってきたところで、気管支拡張剤やステロイド吸入を増やすなど、治療を強めると、大きな発作にならず家でコントロールすることができます。これをピークフローモニタリングといいます。

喘息の治療では患者さんの「自己管理(自分で病気を管理する)」というものが大切で、いかに、喘息のことをよく理解して、自分の喘息の状態を判断し、ちゃんと薬が続けられるか、ということが喘息を治していく上で大変重要です。

子どもの喘息は、大きくなったら治る、と昔は言われていました。しかし、最近の研究では、いったん治ったように見えても、呼吸機能が悪い状態が続いたり、大人になってから再発する、という人が半数を占めているといわれています。気管支が成長して大きくなる過程でどのように治療して、いかに気管支で起きている慢性的な炎症をおさえていくかということが喘息の治療で重要です。

HOME

スマートフォンに対応しています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME