メニュー

アトピー性皮膚炎

*アトピー性皮膚炎とは?

皮膚が赤くなったり、カサカサしてかゆくなる、ブツブツができるなどの症状が慢性的(だいただい2ヶ月以上)に続いて、よくなったり悪くなったりを繰り返す病気です。

年齢によって、症状のでる場所などは違ってくることが多いです。例えば、小さい赤ちゃんのうちは、顔、頭、首などに出やすく、ひどくなると全身にひろがります。2-3歳以上になると、手足の関節の部分やお尻の部分、ひっかきやすいところに出やすくなります。アレルギーを持っているかどうか調べるために血液検査も行うことも多いですが、必ずしも血液検査のみでは判断できません。

乳幼児期には、一時的な乳児湿疹かどうか、スキンケアや軟膏処置を行いながら経過をよくみて判断する必要があります。

また、アトピー性皮膚炎や皮膚の性質は、短期間で「なおる」ということはないので、十分に内容をご理解いただいて、根気よくスキンケアと治療を継続することが大切です。

*アトピー性皮膚炎と皮膚のバリア機能

正常な皮膚は、皮膚の表面にある角層という薄い部分とその表面の皮脂膜、角質の間にあるセラミドによって、水分を保ち、また外からの刺激が入ってこないようにする「バリア機能」があります。アトピー性皮膚炎では、このバリア機能が落ちていて、外からの刺激が体の中に入ってきてしまう状態になっています。

その結果、皮膚に炎症が起きてしまい、かゆみや発疹などの症状があらわれます。アトピー性皮膚炎の患者さんでは、湿疹のない皮膚の部分でも皮膚のバリア機能低下があるといわれています。乳児期には、この皮膚の機能が十分でないため、よけいに皮膚の炎症がおこりやすくなっています。

*アトピー性皮膚炎の悪化原因

その患者さんによって、悪化の原因はちがってきます。年齢や暮らしている環境も大きく影響します。また、原因は何か一つだけ、というわけではなく、様々な要因がかさなりあって起こっていることが多いです。

代表的な原因としては、とびひの原因になる黄色ブドウ球菌、ダニ、ハウスダスト、カビなどの環境アレルゲン、汗、ペットの毛やフケ、疲労、食事バランスなどと、いろいろあります。

黄色ブドウ球菌は、バリア機能の落ちた皮膚で増えるだけでなく、毒素を出すためそれで炎症を悪化させてしまうことがよくあります。

*なぜアトピー性皮膚炎をよくしなければいけない?

1.アトピー性皮膚炎があると、皮膚のバリア機能異常のために、外からの刺激がどんどん入ってきてしまうということはご説明しましたが、その中にはいろいろなアレルゲンも含まれます。アレルギーを持っている患者さんであれば、そのアレルギーの状態をさらに悪化させてしまいます。

また、そうなると他の喘息などのアレルギー疾患がでてきたり、かゆみがひどい状態が続くと、夜よく眠れなくなって成長ホルモンの分泌がわるくなり、成長障害につながることもありますし、睡眠不足が続くと学校生活などにも支障がでます。

また、顔、目の周りの湿疹がひどいと、白内障(角膜がにごって視力障害がおこる)や網膜剥離など目の病気にもつながります。

*アトピー性皮膚炎の治療について

アトピー性皮膚炎を完全に、特に短期間で治す、ということはできませんが、正しいスキンケアと治療を根気よく行えば症状をコントロールすることはできます。一度よくなっても何かきっかけがあれば、また湿疹がでてしまうことがありますので、大変ですが、炎症のない皮膚の状態を続けて皮膚のバリア機能を少しでも正常に保つように、常日頃のケアが大切になってきます。

治療の基本

  • 薬物療法
  • スキンケア
  • 悪化原因に対する対応

*薬物療法:アトピー性皮膚炎の治療は、「皮膚の炎症をおさえること」です。この炎症をおさえるためには、ステロイド外用薬(塗り薬)が必要になってきます。「ステロイド」とは、私たち人の両方の腎臓の上の方にある「副腎」という臓器がから作られるホルモンの一つで、湿疹やかゆみを引き起こす原因の皮膚の炎症をおさえるのに効果があります。それと似た成分を含むステロイド外用薬をその患者さんに応じて使用します。ステロイド外用薬は、使い方を正しく行えば、安全性の高い、アトピー性皮膚炎では標準的な治療です。飲み薬のように、全身に作用するものではありません。お子さんのアトピー性皮膚炎に内服薬を使うことは、まずありません。飲み薬が長期間になると、身長が伸びない、感染症に罹りやすくなる、全身の多毛(毛深くなる)、満月様顔貌、白内障などの副作用が問題となります。

通常、大人よりもお子さんの場合は、弱めのステロイド外用薬を使用します。しかし、弱すぎる外用薬だとかえって湿疹を長引かせてしまうので、しっかり症状を確認しながら使用します。最初の頃は、頻回に受診していただいて皮膚の様子に応じて外用薬のレベルや塗り方を考えていきます。

 強い外用薬を長期間使用すると皮膚が薄くなるなどあります。しかし、止めれば1ヶ月程度でもとに戻ることが多いです。思春期以降に多い皮膚線条(妊娠線のような皮膚の線)は消えません。また外用薬の副作用は、乳幼児の方が成人よりも少ないといわれています。毛のう、ニキビなどができることもありますが、止めれば改善します。

ステロイド外用薬の副作用を出さないためには、湿疹があるうちは毎日しっかり決められた量、回数を使用していただいて皮膚を完全によい状態にすることが大切です。ステロイド外用薬の主な副作用は、長期間にわたって使用することによって起こる皮膚がうすくなってしまうことですが、これを防ぐためにも、しっかりまずは皮膚をよい状態にすることが重要です。皮膚は通常、もとの状態にもどるまで1ヶ月程度かかりますので、一見よくなったように見える皮膚でも、バリア機能低下や炎症が残っていることが多いです。湿疹が繰り返しでなければ、ステロイド外用薬を使う頻度を1日おき、2日おき、3日おき、などと使用回数を減らして徐々に保湿剤のみの治療にもっていく方法をとります。このように、皮膚の状態が安定してからも、悪化する前に定期的に様子をみながら治療を継続する方法を「プロアクティブ療法」とよんで、ガイドラインでもすすめられています。

ステロイド外用薬の塗り方

塗り方もとても大切です。

  1. まずは、塗る方の手をきれいにあらいましょう。
    もし、手に何かついていると、それを体につけてしまうことになりますので、手洗いも大切です。
  2. お風呂(シャワー)上がりで、まだ皮膚がしっとりしている状態で塗ることも効果的です。入浴後、余分な水分を拭き取ったら、できれば10分以内に塗るとよいです(可能な範囲で)。
  3. 特に湿疹がある部分の皮膚はデコボコしています。こわいなと思って薄くぬってしまったり、ゴシゴシすり込んでしまうと、治療効果があがりません。
    「のせるように」塗りましょう。塗った後に、ティッシュペーパーがくっついて落ちない程度が理想です。その患者さんに応じて、塗り方、保湿の方法などはお話させていただきます。
  4. 頭皮に湿疹がある場合には、ローションタイプの外用薬を出させていただくことが多いです。頭皮の湿疹の部分に液をのせて押さえるようにのばしたり、液を指にとっていただいて塗っていただくなどします。

タクロリムス軟膏

ステロイドと同じように、皮膚の炎症を抑える働きのあり「免疫抑制薬」というタイプの軟膏です。ステロイドより分子量が小さいため、皮膚からの吸収がすくないメリットがあります。ステロイドと違い、長期にわたって使用しても皮膚が薄くなる副作用はありません。しかし、傷がある部分には使用しない、2歳未満のお子さんには使用できない、妊娠中・授乳中には使用しない、といった注意点があります。副作用としては、ニキビやヘルペスがでることがあります。

*スキンケア

皮膚について、刺激を与えかゆみの原因になっているアレルゲン、汗、細菌などを洗って清潔に保った上で、外用薬、保湿剤を使うこともアトピー性皮膚炎や湿疹の治療で大変重要なことです。添加物が少なく刺激の少ない石けんをしっかり泡立てて、汚れを落とすことが効果的です。乳児湿疹も、この「皮膚の刺激物を洗い落とす」だけできれいになることも多いです。わからないことがあれば、ご質問ください。

*悪化原因に対する対応

患者さんに応じて、悪化原因に対応する必要があります。ダニやハウスダストの場合は、掃除のしかたも大切ですし、カビ対策も重要です。ダニは、ダニの唾液、糞、死骸も原因になります。高温多湿の環境で増えやすく、食べカスや人のフケや垢もダニの餌になります。布団、絨毯、ぬいぐるみ、ソファ、クッションなどにいます。ペットを飼っていらっしゃる場合で、ペットが原因とわかった場合の対応は非常に難しいのですが、対応方法を一緒に考えていきましょう。

汗も原因になることが多いので、特に部活動やスポーツなどなさっている場合には、一番はこまめに洗い流す(シャワーなど)ことが効果的ですが、なかなかできない場合も多いので、ぬれタオルで拭くなどということも効果的です。

HOME

スマートフォンに対応しています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME