メニュー

アレルギーってなに?

「花粉症」「食物アレルギー」など、アレルギー性疾患に関する話題を耳にされることも多いかと思います。

ひとは、もともと自分のからだを守るために、「免疫(めんえき)」というシステムを持っていて、細菌やウイルスに対して「自分とちがうものが体にはいってきた」と認識すると、「抗体」をつくります。

アレルギー体質のある方は、花粉、食べ物などの主にタンパク質に対して過敏に反応して、IgE抗体をつくり、その抗体(たとえば、卵白に対するIgE抗体が反応して、アレルギー症状を起こしてしまいます。この体質自体は、変えることはなかなかできませんが、原因を探して予防をしたり薬を使用することにより症状を軽くすることができることも多いです。

何に対してIgE抗体をつくってしまうのか、またどういう症状がでてしまうかは、その方、年齢、環境、そのときの体調などによって全く違ってきます。

アレルギー性疾患の場合には、その方のアレルゲンが何か、ということをしっかり診断していくことが大変重要ですが、中には、原因となる食べ物を食べただけでは症状が出ず、運動も重なると症状がでるような方や、疲労や感染などがきっかけになってアレルゲンは関係なく、またIgE抗体も上がらないのにじんましんが出やすくなっていることもあります。まずは、最初にしっかりと細かくお話を伺わせていただくことも時に必要となりますのでご了承ください。ロゴ 透明

HOME

スマートフォンに対応しています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME